沢井 明彦店長 主なロレックス、パネライ、ウブロ等スーパーコピー時計

「一枚目のPortugiserの誕生」

 「Portugiser」の歴史は1930年代末までさかのぼります。当時、二人のポルトガル商人RodriguesとTeixeiraがスイスにあるIWC本部を訪問し、精度が「航海時計ガガミラノスーパーコピー」に匹敵する腕時計の開発を要求しました。この精度は懐中時計の芯だけで満足できます。だからIWCの時計師はCalibree 74猟師式懐中時計の芯を採用することにしました。シェルの右側。



1939年、最初の懐中時計のムーブメントを搭載した腕時計(ref.325)が正式に発表され、最初は「大型腕時計」と名付けられました。この作品のケースの直径は43 mmに達しています。1930年代に装飾のスタイルを尊び、小さい時計の直径と正方形のケースの腕時計(ケースの直径は普通33 mmより小さいです。)の中で独自の特徴があり、さらに大きなサイズの腕時計の設計の先駆者になりました。



「Portugiser」の主な設計要素は小三針のレイアウト、列車の軌道分目盛り(chemin-de-fer)、柳の葉の形の針とアラビア数字の時の標識を含み、時計の輪はとりわけ細く、文字盤により十分な空間を持たせる。これらの詳細は「Portugiser」以降に発表された異なるバージョンにおいて、細かな調整と革新が行われました。例えば、時标の字体、目盛りの様式など、明瞭なレイアウトと簡潔なスタイルは75年来の作品に引き継がれました。

Tags:

发布: adminxsxs 分类: スイス各種腕時計資料 评论: 0 浏览: 1
留言列表