沢井 明彦店長 主なロレックス、パネライ、ウブロ等スーパーコピー時計

ロンジンブランド紹介について

 世界選手権のタイマーや国際連合会のパートナーは、ロンジンブランドを持つだけでは眩しい歴史悠久で、更にその優雅な時計は世界で有名であり、世界をリードする時計メーカーSwatchグループS.A .会社の傘下の一員。ロンジン旧家をウィング砂時計をロゴ、業務は世界140カ国以上。1832年、オーギュスト・アガシ(Auguste Agassiz)とは、聖耶メートル(Saint-Imier)の時計の行に協力して、時計製造界をすぐにアガシ会社(Agassiz & compagnie)の法定責任者。当時、この時計の旧家に「E tablissage」タブ方式生産時計(つまりタブ匠は家の中の仕事)、そして強力に開発商業ネットワークの成功は、製品の販売と他の大陸は、特に大西洋岸。じゅうく世紀ごじゅう年代、アガシ(Agassiz)の甥奥内斯特・フラン西昂(Ernest Francillon)を受けた時計店の商売。をこの有名な旧家経営責任と同時に、彼も考えてどのように地元の時計業常用の製造方法を改良。彼は準備にもともと零細分散の各必要タブステップを再編は、そのすべての統合同じ建物内に完成。フラン西昂(Francillon)したい工場は、生産機械工程を借りてから完成までを実現するために、組み立ての各道の流れ。

 

 


ロンジンの構想を実現するために、1866年、彼は流れる聖耶メートル穀(Saint-Imier)の苏士河(Suze)右岸2つの接続の土地を購入したのは、そこに現地で「Les Longines」、そして、彼は1867年に創立した製造工場で「Les Longines」と命名した。奥内斯特・フラン西昂(Ernest Francillon)を招いた親族であるというジャック・デビッド(Jacques David)の若手エンジニア、協力してその開発設備、改良時計製造プロセスおよびプロセス。じゅうく世紀ななじゅう年代の間、フラン西昂(Francillon)堅持の産業化の選択にすばらしい実効までにじゅう世紀前半、工場は皆を保っていは発展の勢い。1911年、ロンジンの生産工場の従業員は1100人を超え、時計作品は世界各地に売れている。

 

 

 

http://www.shopowner2016.top/

Tags:

发布: adminxsxs 分类: スイス各種腕時計資料 评论: 0 浏览: 1
留言列表