沢井 明彦店長 主なロレックス、パネライ、ウブロ等スーパーコピー時計

時計の上のダイヤモンドはどのようにカットしてやっと最も光ります?

たとえ新味のない丸いケースを3針のように組み合わせて大経典は伝統的なデザインは、モザイクなら何粒のダイヤをあしらっ、全体の腕時計すぐ変わった一枚の姿に、まばゆい魅力的になって。多くの腕時計ブランドに精通して、モザイクダイヤモンドの方式を朝駆けの駄賃;赤子の手を捻る男ものの時計変身パンパン、さらに新しいシリーズ発売。でも、それは勝手にモザイク1枚が光るダイヤモンドに新しい容貌、モザイクのこの枚ダイヤモンドにも大いに学問。



あなたが選ぶ、ダイヤモンドの経験は、あなたが知っていると判断、ダイヤモンドの価値と品質のセット4C測定。つまり重量(Caratage)、透明度(Clarity)、色(Color)と切工(Cut)。この四つの測定ダイヤモンド良し悪しの標準で、前から三項も天然と言ったら、あさっての人力と何か関係があるのであれば、かどうかだけは絹篩で篩うたよう。最後に一つ――切工(Cut)は、唯一、私たちの時計師あるいはダイヤカット師の操作技術として、切工が決定しているダイヤの元々の天然の基礎の上で、最大の程度の釈放かどうかそれの美。



私たちの腕時計に象眼のダイヤモンド、どのように切断するのが最も光りますか?「光る」を選ぶ時はみんなダイヤモンドの心の主要訴えが通俗の話だが、「光る」の概念は相対的な、と言えばどんな切工は最も理想的な、可能やすく合理的な答え。切工がもたらしたダイヤモンドの美は、おもに最大の程度の様相を呈してダイヤモンドの明るさや樟脳火、理想切工がほとんど入ってダイヤモンドの光を反射。



http://www.shopowner2016.top/


Tags:

发布: adminxsxs 分类: スイス各種腕時計資料 评论: 0 浏览: 5
留言列表