沢井 明彦店長 主なロレックス、パネライ、ウブロ等スーパーコピー時計

「時計界オスカー」の巡回展がシンガポールに来ました。

 ジュネーヴの高級時計大賞(GPHG)が現在盛んに行われています。大賞の決勝に選ばれた72種類の腕時計は世界各地を巡回しています。授賞式より何週間も早く、ジュネーヴにあまりいない時計愛好家が今年の最新、最高の腕時計を見る機会ができます。今年の巡回スポットはベニス、香港、シンガポールのサンシャイン海岸が含まれています。この72枚の腕時計は10月17日の夜から21日までシンガポールのマメセンホテルのブティックに展示されています。

 


GPHGのシンガポール巡回展のテーマについて、GPHG主任のCarline Maillard氏は「適切なパートナーを見つけて、私たちの巡回展に参加するのは困難な任務です。私たちはできるだけ商業広告が出ないようにしなければならないので、商業施設では展示できません。逆に、私たちは博物館と芸術ギャラリーを選ぶのが好きです。私たちは時計を芸術創作として扱ってみます。これらの重要な価値観を理解するために適切なパートナーを見つけるのは難しいです。

 


その後、彼はまた今回の巡回展覧会の場所を賛美しました。「去年はドバイの時計週間でマイケル・タイ(世界的に有名な高級品リスト販売会社の欧佳時グループ取締役社長)と話した時、彼は本物の芸術家だと感じられます。それから、私は欧佳の時に所属しているマメセンホテルに気づきました。私から見れば、小売スペースではなく芸術画廊のようです。この時、私たちは彼らが巡回をシンガポールに連れて行く良いパートナーであることを知っています。「
しかし、GPHGは今直面している問題はただ巡回展をするだけではないです。時計業界全体が新しい思考と新戦略を学んでいる時代に、GPHGも次々と新しいアイデアを出していかなければなりません。新任ファンド会長のRaymond Loretan氏は「ジュネーヴ大賞の未来を考えなければならない。今時計業界で変革運動が起きています。次の道をよく考えなければなりません。どうやってジュネーヴ大賞を国際的に認められるか、ずっと考えています。学院で審査団に代わるのはいい考えですが、デジタル化のサポートが必要です。

Tags:

发布: adminxsxs 分类: その他の時計の資料 评论: 0 浏览: 1
留言列表